スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahooが買収する「tumblr」の読み方、正式名称は?「タンブラー」?


■比較対象
タンブラー
テュンブラー

■正式名称
タンブラー

■説明
Yahooの高額(11億ドル)
な買収でも話題になった「tumblr」は、メディアミックスのブログのようなサービスです。
tumblar」や「つmblr」は間違いで、
正しい名称、読み方は「Tumblr」で「タンブラー」です。
テキストはもちろん、画像や音楽、動画、WEB上の記事などを投稿したりシェアすることができます。
ブログサービス、ミニブログサービス、オンラインスクラップブックなどと言われています。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
tumblrの検索回数は、グローバルではなんと6800万回あるのですが、
実は日本国内のローカルにおいては、37万回程度です。

日本ではまだまだこれからのサービスであり、それほど知名度が高いわけではないですね。
Yahoo(ヤフー)の買収により、今後知名度や利用率が高まっていくのかに注目です。

■補足
なお、キーワードツールで、「tumblr 読み方」について調べた所、
検索回数は少なかったのですが、関連キーワードに「しーざー」「かえさる」と出てきたのには驚きました。
理由は不明ですが、面白いですね。


他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




スポンサーサイト

Pixivという会社名の読み方、正式名称は?「ピクシブ」「ピクシブイ」


■比較対象
ピクシブ
ピクシブイ

■正式名称
ピクシブ

■説明
画像を投稿、共有したり、検索、閲覧したりできる、絵によるコミュニケーションサイト(イラストコミュニケーションサービス)として有名な会社「Pixiv」ですが、
意外と読み方を知らない人は多いですよね。
最近話題になっているので、気になる人も多いかもしれませんが、
この企業の正式名称、正しい読み方は「ピクシブ」です。

Pixiv(ピクシブ)はサービス名であると同時に運営会社の企業名でもあるわけですね。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
Pixiv、という単語では、グローバルで224万回、ローカルで183万回の検索回数があります。
日本のサービスですし、日本での利用が多いようですが、
海外からも検索されているんですね、今後に更に期待です。


他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




企業名「ASUS」の正式な読み方は?


■対象名
ASUS

■読み方候補
エイスース(えいすーす)
アスース(あすーす)

■正式な読み方
エイスース(えいすーす)

説明
ASUSは、台湾のPCやPCパーツなどを作る、パソコン、パソコン関連メーカーです。
企業名の「ASUS」に関しては、日本語の正式読みが途中で改められており、
正しい読み方、正式名称が変化しています。
以前は「アスース」だったそうですが、現在は公式に「エイスース」を用いることが公言されており、
オフィシャルな呼称などもこちらで統一されているそうです。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
さすがはASUS(エイスース)、グローバルでは3700万回の検索回数を誇ります。
日本国内だけだと55万件、それでも多いですが、日本よりもむしろ外国でのほうが人気のあるメーカーだということが推測出来ますね。

ちなみに、エイスースでは、月間5千回強の検索回数でした。

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




車の「マツダ」正しい正式名称の綴りは「Matsuda」?「Mazda」?


■比較対象
Matsuda
Mazda

■正式名称
Mazda

車で有名な「マツダ」ですが、実はアルファベット表記は、
松田、マツダの音をそのままアルファベットにした「Matsuda」ではなく、「Mazda」が正式名称です。

■ちなみに検索結果表示では・・・?
さすがはマツダ、Matsudaで検索しても、このMazdaのカーメーカー、マツダが最上位に表示されます
通常のMatsudaよりもこちらを求めているとグーグルが判断するんですね。
さすがは世界を代表する車メーカーの1つである会社です。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
さすが世界のマツダです。
月間検索回数はローカル(日本)では月間45万回ですが、海外も含めたグローバルだと、
なんと月間1360万回!これまでご紹介してきた言葉の中でも破格の回数ですね。
ちなみに社名と一緒に検索されている言葉には、車の型番などが多いようです。

■補足
このマツダの社名の由来ですが、
西アジアにおいて人類文明の発祥とともに誕生した神様である.アフラ・マズ ダー(Ahura Mazda)※アフラマズダ
が由来だそうです。
同時に創業者である、松田重次郎(まつだじゅうじろう)氏の名前からもとっているそうです。
なお、現在の代表取締役社長は、松田さんではなく、
山内孝さんで、会長も兼務されています。
(2013年5月現在)

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




「ビックカメラ」「ビッグカメラ」「Bic」「Big」どっちが正解?


■比較対象
ビックカメラ(Bic Camera)
ビッグカメラ(Big Camera)

正式名称
ビックカメラ(Bic cammera)

■ちなみに検索結果表示では・・・?
間違った「ビッグカメラ」で検索しても、特に特別な案内はなく、
当然のように「ビックカメラ」の結果がでてきます。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
調べてみたところ「ビッグカメラ」でも、月間4万回以上の検索がされています。
正式名称の「ビックカメラ」の80万回以上と比較するともちろん少ないですが、
かなりの人数の方が正式名称を勘違いしているか、うっかり間違って検索してしまっていることが推察されます。

■補足
この名前ですが、元々は「ビックリカメラ」を縮めたものだそうです。
ただ、それも絶対に正しいかというとネットの噂なので、定かではありません。
公式ページに寄ると、
かつてアメリカ領で使われていた言葉、「Bic」は「Big」に近い意味もありますが、見た目の大きさより中身を伴う大きさを表す言葉でした。
ただの大きな石ではなく、若く新しい感性を持った、小さくても光り輝くダイヤモンドのような企業になりたい。
そんな希望を込めて、ビックカメラは誕生しました。
という記載があるようです。

そう考えると、ビッグカメラもあながち間違ってはいないようですね。

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




プロフィール

正しい言い方

Author:正しい言い方
これってどっちが正しいんだっけ?

と思うような日本語や正式名称などを並べています。

キーワードツールなども絡めて面白くやっていきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2071位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
279位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。