スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「粗利」の読み方は「あらり」「そり」?


■対象漢字
粗利粗利益

■読み方候補
そり
あらり

■正式な読み方
あらり

説明
ビジネスで(特に会計)よく用いる「粗利」という言葉。
これのよみについては、「そり」という人と「あらり」という人がいて、
特に新入社員の頃にはどちらが正しいのだろうかと調べたりする人は多いと思います。

こちらは「あらり」が正しい読み方、かつ多くの人が読んでいる読み方です。
辞書でも「あらり」がメインとなっています。
「粗利」「粗利率」は「あらり」「あらりりつ」と読むのが正しいです。

ちなみに粗利の定義は「売上-原価」です。
売上から原価を引く指標なので、当然少ないよりは多いほうがいいですね。
逆に売上に占める原価の割合を原価率(げんかりつ)といったりもします。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
おもったよりも検索回数は少ないようです。
粗利は1.5万回程度、粗利益だと2千回もないくらいです。
確かに仕事をしていなければ日常的に使う言葉ではないですもんね。


他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正しい言い方

Author:正しい言い方
これってどっちが正しいんだっけ?

と思うような日本語や正式名称などを並べています。

キーワードツールなども絡めて面白くやっていきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
402位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。