スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「姑息」の本当の意味は?(間違いやすい日本語)


■対象ワード
姑息(こそく)

■意味の候補
一時的な、その場しのぎの
卑怯な、ずるい

■正式な意味
一時的な、その場しのぎの

説明
姑息(こそく)は、70%以上もの人が「卑怯な」というような意味で使われていますが、
実際の意味は一時しのぎの、その場しのぎの、というようなものが本来的なものです。

「姑」という漢字ははしばらく、「息」という漢字はは休む、という意味をもつことから、
上記のような、ものとなり、「姑息な手段」などといった言い回しで使われています。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
検索回数は国内で5,000程度、海外も含めて8,000回程度です。

おそらく、中国系の検索ワードだと思いますが、姑息医学姑息治疗
というようなキーワードが関連ででてくることから、この用法では元々の意味が生きているのだと推測出来ます。
■補足
上記にも記載しましたが、文部科学省の日本語に関する調査では、15%程度が本来の意味を、
70%以上の人が、間違った意味の用法だと認識しているようです。

~間違いやすい日本語(姑息)~
他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正しい言い方

Author:正しい言い方
これってどっちが正しいんだっけ?

と思うような日本語や正式名称などを並べています。

キーワードツールなども絡めて面白くやっていきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
86位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。