スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「御用達」の正しい読み方は「ごようたし」「ごようたつ」


■対象漢字
御用達

■読み方候補
ごようたつ
ごようたし

■正式な読み方
ごようたし

説明
皇室御用達などとよく用いるこの御用達という言葉ですが、
正式な読み方は「ごようたつ」ではなく「ごようたし」です。
皇室御用達や、宮内庁御用達を「こうしつごようたつ」「くないちょうごようたつ」などと読まないように気をつけたいですね。
ちなみに「宮内庁」は「きゅうないちょう」ではなく、「くないちょう」です。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
御用達、の検索回数は月間2.7万回程度です。
関連ワードとしては、「意味」「読み方」がそれぞれ約500回程度で並んでいます。
やはりちょっと意味や読み方が不安になる言葉のようです。

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




「役務」の読み方は「えきむ」「やくむ」


■対象漢字
役務

■読み方候補
えきむ
やくむ

■正式な読み方
えきむ

説明
言葉の意味としては、公的な仕事や、他人のための労働、というような意味合いの
「役務」という言葉ですが、知らないと読み間違えてしまう漢字の一つですね。
「役」を「やく」と読んでしまい、「やくむ」と読んでしまうことが多いようです。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
役務という漢字の検索回数は月間3万回程度。
ただし、意味は検索されているものの、読み方はあまり探されていないようですね。
ひらがなの「えきむ」「やくむ」もそれぞれ二十数回ですので、それほど検索されたり、読み方で迷ったりする漢字ではないのかもしれません。
取り上げたことが失敗だったでしょうか・・・


他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




「シミュレーション」と「シュミレーション」どちらが正しい?


■比較対象
シミュレーション
シュミレーション

■正式名称
シミュレーション

■ちなみに検索結果表示では・・・?
シュミレーションとうつと、その言葉専用の検索結果が表示され、「もしかして・・・」
とはならないようです。
とはいえ、間違い表記系のページが多いですね。
このページもその中に含まれると思いますが。

キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)

正しいシミュレーションは月間55万回程度なのに対し、
間違ったシュミレーションは、月間36万8千回の検索回数となっています。
正式な「シミュレーション」の方が多いですが、シュミレーションも結構多く検索されていますね。

実際こうして打っていると頭がこんがらがりそうです。

なお、大変興味深いことに「シミュレーション シュミレーション
という検索でも、月間30万回の検索回数があります。
かなり多くの方が迷われる表記のようです。

正式表記は「シミュレーション」ですのでご注意下さい。

ゲームなどでもシミュレーションゲームであって、シュミレーションゲームではないので注意が必要ですね。

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




この漢字はなんと読む?「殺陣」の正しい読み方はさつじん?たて?


■対象漢字
殺陣

■読み方候補
さつじん
たて

■正式な読み方
たて

説明
ドラマや演劇などで行う、斬り合いなどの場面、殺陣ですが、
知っていれば当たり前ですけど、知らないと意外と読めない漢字ですよね。
テレビの女子アナウンサーでも読み間違えてしまった人がいるという噂も聞いたことがあります。

確かに「殺」はさつ、「陣」は「じん」が一般的な読み方ですが、
殺陣、という場合の読みかなは「たて」ですので注意しましょう。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
殺陣の月間検索回数が、ローカルで約1万回、グローバルで約2,2万回です。
やはりこの漢字系キーワードも漢字圏で検索されているようですね。

関連ワードは、東京、映画、などの他に「体験」「レッスン」などもあるようです。
殺陣をやってみたい、という人も結構いらっしゃるということでしょうか。
人の検索ワードからは色々な人の思いや希望が見えてくるので面白いですね。


他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




「alt」キーの読み方、正式名称は?


■対象ワード
altキー
(ALTキー)
■読み方候補
オルト(オルトキー)
アルト(アルトキー)

■一般的な読み方
オルトキー

説明
今回は漢字ではなく、パソコン関連のワードです。
機能としては、メニューや、リボンに飛ぶことができるキーで、うまく使うと、キーボードで色々な操作ができるので、
個人的には右クリックキーと同じくらい重宝しています。
そして、このキー、もちろん英語なので、日本語のこの読みが絶対に正解、ということはないのですが、
一般的には、このaltキーはオルトキーと言われます。
正式名称は「Alternate key」で、カタカナ読みをすると、「オルタネート キー」が近いので、オルト、オルトキーと言われます。
アルト、アルトキーという人もいますが、あまり一般的ではないと思いますし、
英語読みとも少し異なります。


キーワードツール(Google Adwords キーワードツールでは?)
altキー、という検索ワードは5,400回程度の検索ボリュームです。
読み方、使い方、押しっぱなしなどというワードと一緒に検索されています。
やはり読み方を探される方もいらっしゃるいたいですね。 カタカナのオルトキーは320程度でした。

他にも気になる言葉があれば、よかったら以下で調べて見て下さい。




プロフィール

正しい言い方

Author:正しい言い方
これってどっちが正しいんだっけ?

と思うような日本語や正式名称などを並べています。

キーワードツールなども絡めて面白くやっていきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2071位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
279位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。